結婚式場

思い出を作る

花

現在の日本は節約志向の人が増えています。
若い世代では特にその傾向が高く、衣類や娯楽にお金を掛けない世代と言えます。
結婚に関しても、その考えを持っている人が多く、挙式披露宴などの費用をできるだけ節約する流れが定着しています。
ちょっとした工夫で費用を節約することができます。
例えば結婚式に招待する人の人数です。
親族や親しい友人のみを招待して少人数での披露宴を行い、職場関係や招待できなかった友人は2次会や結婚披露パーティーと言う形で会費制でカジュアルに行うパターンも人気です。
挙式披露宴を身近な少人数で行うことでリゾートウエディングを実現することもできます。
リゾートウエディングであれば新婚旅行を兼ねることも可能です。

費用を削減するには他にも色々な工夫ができます。
披露宴や2次会などでのウェルカムボード、招待客の席次表、一人ひとりへのメッセージの手作りを選択する人が増えています。
リーズナブルなショップで材料を購入すれば、かなりの節約になります。
また、手作り感のあるものは、感謝の気持ちを表現するには最適で、招待客にも喜ばれるでしょう。
引き菓子や引き出物なども持込できる会場もあるので、自分達で用意することで費用を削減できます。
また最近は衣装替えを1回にするカップルも多く、費用を削減できるだけでなく、招待客と一緒に過ごす時間が増えるという大きなメリットもあります。
その分、他の衣装は前撮りをしてウェルカムボードの横に飾るというアイデアも人気です。