結婚式場

サービス

結婚式場

結婚するにあたってどんな時期に入籍や挙式をするかと言うのもカップルにとっては重要なことではないでしょうか。
特に春に予定している人はジューンブライドと言う響きから6月を選択する人は現在でも多いのです。
6月の挙式披露宴は早い時期に予約をしておかないと直ぐに良い日取りは予約で埋まってしまいます。
ジューンブライドの意味は「6月に結婚した花嫁は幸せになることができる」と言うヨーロッパの昔からの考え方から日本にも広まっています。
ジューンブライドの由来は色々な説があります。
昔、ヨーロッパでは3月から5月までは農業が忙しい時期だったため6月に挙式する人が多く皆に祝福されたという説や、雨が少なく復活祭が行われる6月がヨーロッパ全体が祝福ムードであったことが理由とも言われています。

日本でジューンブライドが広まったのはブライダル業界がきっかけだったと言われています。
日本では6月は梅雨の時期にあたり、じめじめして天候に恵まれない6月の挙式を控えるカップルが多く、ブライダル業界は何か良いアイデアがないかと頭を悩ませていました。
そんな中、ヨーロッパではジューンブライドと言う言い伝えがあると知り、それを宣伝していった結果、日本でも6月に結婚する人が多くなったのです。
ジューンブライドが広まる前は挙式会場などの空調設備も万全ではありませんでしたが、日本の発展と共に空調設備なども問題がなくなり、天候がじめじめしていても挙式会場には影響がないので、6月の挙式を選択するカップルが現在も多いのです。